餃子の要は皮にあり

作り置きを一切せず、その日の気温や湿度をみて分量を調合します。

その皮も作りおきを一切せず、 毎朝、2種類の小麦粉をブレンドすることからはじまります。

長年の経験から、その日の気温や湿度をみて分量を調合し、コシを与えるために たっぷり一時間かけて手練りをしています。開業以来の製法を、今もかたくなに守り続けています。

だからこんなに伸びるんです

皮にも旨味を

そしてこの手練りは、皮にも旨みを与えます。
まずは、何もつけずに一口食べてみてください。
皮にも旨みがあることに気づかれるはずです。

「秘伝の皮」と呼ばれる馬渡の餃子の皮は 機械では決して作ることができません。

それは、皮もただ練ればいいのではなく、その日の天候を肌で感じつつ、毎日調合を微妙に変え、そして小麦粉の呼吸をさぐりつつ一番良いタイミングを見極めているからです。

これも長年の経験と勘を持つ、餃子職人の技なのです。

こだわりの無添加

馬渡の餃子を一度じっくりと眺めてみてください。

一般的な餃子の皮と比べるとほんのり黄身がかかっています。

餃子の馬渡の皮は、漂白剤も保存剤も使わず、無添加にこだわります。

日持ちさせるための塩も入れておりません。

ほんのり黄色い、この色は、小麦粉そのものの色なのです。

餃子のご注文はこちらから