おいしさの秘密

素材の味を最大限に活かした馬渡の餃子。 旨みをギュッと閉じ込めているので、一口一口、噛みしめるほど素材のコクと旨みが口の中いっぱいにひろがります。 その味には秘密があります。

その壱)毎日その日の分だけを、手づくりする。

『野菜の甘み』『挽き肉の旨み』それぞれが引き立ち合うようにと、私たちは配合や練りにもすべてこだわっています。

毎日仕入れる野菜ですが、産地は同じでも昨日と今日では、甘みや旨み、瑞々しさなど、毎日微妙に違っています。

その日の素材の旨みや食感のバランスを考えて、材料を刻み、丹念に時間をかけて手作業で合わせていく、長年の経験で培ったこの手の感覚こそが、馬渡独特の餡(具)を作るのです。

手で粘りを出すことによって、一般的な餃子と違った、ふんわりもっちりとしたリッチな食感が生まれます。

そうして出来た餃子の餡(具)は、6時間ほど寝かせて味を熟成させた後、もっちり皮で包んでいきます。

その2)厳選された宮崎の食材を使うべし

素材写真

私たちは「食の安全」を一番に考えています。

餃子の基本ともいうべき餡(具)には、宮崎の地元で採れた新鮮な野菜、そして粗合挽き肉などすべて国産のものを使用。

毎日、店主自ら厳しい目で食材を選び抜いています。

また餃子と言えば、気になるのが食べたあとの「ニンニクの臭い」。

馬渡の餃子には、香りも味も深いと言われる青森産高級ニンニクをたくさん使用していますが

馬渡独自の製法によって、臭いもかなり抑えられていますので、女性の方々にも喜ばれています。

素材の説明について

秘密その3)手作りの皮にも職人の技

皮写真

餃子の命ともいうべき餃子の皮。

皮は、生き物と同じで、何日も「生」で鮮度を保つことはできません。

だからこそ「その日に使う餃子の皮はその日に作る」そんな”あたりまえ”のことにもこだわっています。

そして、開業当時から変わらない「秘伝の手練り」。

この手練りによって、皮がお餅のように びっくりするほど伸びるのです。

秘伝の皮ついて

秘密その4)焼きは自家製ラードで

ラード写真

「油っこそう」「もたれそう」・・・はじめてのお客様は、ラードで焼くことを心配されます。

しかし、実はサラダ油を使って焼くより、自家製ラードを使って焼いたものの方が表面がさらりと香ばしく焼けると多くのお客様に好評をいただいております。

ラードは、サラダ油よりカリッと焼けて、風味とコクがでるのです。

馬渡の餃子は、焼く際のラードにもこだわっています。

ラードについて

食べ方いろいろ

馬渡の餃子の食べ方は、焼き餃子だけではありません! 揚げ餃子、水餃子、鍋餃子と、どんなアレンジにもピッタリな餃子なので、おいしく召し上がっていただけます。 調理方法など、詳しくは「召し上がり方」のページでご紹介していますのでご覧ください。

お召し上がり方へ

生餃子の旨味をギュッと閉じ込め新鮮冷凍。餃子職人の味をご家庭でもお楽しみいただけます。


特製ラード・餃子のたれ・ラー油・調理説明書を一緒に発送いたします。 ご贈答にも大変ご好評いただいております。

餃子のご注文はこちらから