鮮度、美味しさ、安全性を求め、素材の産地にもこだわっています。

ベースはキャベツ

毎朝、契約農家さんが朝露のついた新鮮なキャベツを届けてくれます。
拘りの有機栽培、低農薬で育てられたキャベツは、甘味があり安心で安全です。 *南国宮崎では、夏場はキャベツが不作な為、群馬県産を使用しています。

西都市穂北のニラ畑それ以外に、味を引き立てくれる数々の野菜も産地にこだわり、宮崎県産のニラ、北海道、佐賀県産の玉葱、青森県田子町産ニンニクと、すべて国産野菜たけを使用しています。

素材の新鮮さや美味しさはもちろんのこと、お客様に安全で安心なものを、食べて頂きたいと、素材の産地にもこだわります。

馬渡オリジナルブレンドの粗合挽き肉

馬渡の餃子の味の要でもあるお肉(合挽き)は、厳選した国内産の豚肉と牛肉の合挽きを使用しています。

馬渡オリジナルの調合でお肉を合わせ、素材そのものの旨味を損なわないように、粗挽きに仕上げています。
毎朝、挽きたてを使用し馬渡こだわりの餡(具)を作っています。

ラードも味のうち

「馬渡さんの餃子は、油っこくなく、胃にもたれないですよね」とのお客様の声をいただきます。

理由は、ラードにも秘密があるからです。

品質の良い豚脂肪分(ラード)は、サラッとしていて食べやすく、くどさがない。適量の摂取なら体にも良いといわれています。

ラードの最大の特徴は、旨みに加え、焼いた時の独特のカリッと香ばしい風味にあります。

ラードは、豚の旨みがそのまま反映されるため、馬渡では上質な国内産の豚脂肪を100%使用しています。

それを自社で炊きだし精製している自家製ラード。そのため調整ラード(牛脂、パーム油などブレンドしたもの)では味わえない、風味が楽しめるのも特徴です。