宮崎は餃子の町!ご当地餃子の特徴とは?通販でお取り寄せしたい方は餃子の馬渡へ

餃子の町・宮崎から絶品餃子をお届け!ご当地餃子の特徴とは?

それぞれ個性が異なるご当地餃子。現地に行かなくても、手軽に通販でお取り寄せして楽しめます。

宮崎市は2020年及び2021年前半で餃子購入額が全国1位になるほど、餃子消費量の多い地域です。そんな餃子の町、宮崎で支持される「餃子の馬渡」の餃子はもっちりとした皮が特徴です。ぜひ通販でお取り寄せしてみてください。今回はご当地餃子の特徴と、宮崎で餃子が人気の理由、お取り寄せ餃子を選ぶときのポイントについて解説します。

通販でもおなじみのご当地餃子をご紹介!

ご当地餃子があることをご存知でしょうか?現地に行かなくても通販を利用すればご家庭で楽しめるので、たまにはお取り寄せをしてみてはいかがでしょうか。

こちらでは、宇都宮と浜松を中心にご当地餃子の特徴を解説します。さらに、餃子購入額、購入頻度ともに全国1位になった宮崎に注目し、宮崎の餃子事情についてご紹介いたします。

地域別の特徴

調理前の餃子が並ぶ様子

数あるご当地餃子の中でも、有名な「宇都宮餃子」と「浜松餃子」について、それぞれの特徴を見ていきましょう。

宇都宮餃子は、1993年に市内の餃子専門店など38店舗が加盟した「宇都宮餃子会」の発足をきっかけに全国的に広まりました。もともと餃子の消費量が国内トップレベルであったことから、官民をあげてPRした結果です。現在では圧倒的な餃子ブランドとして知られています。

宇都宮餃子の特徴は、野菜比率が高めだということに加え、ニンニクを使用していない店も多く、あっさりとした味付けである点です。胃もたれせずに食べやすく、現地の食べ歩きにも適しています。

浜松餃子も、宇都宮餃子と並ぶトップブランド。「東の宇都宮、西の浜松」といわれる餃子の2大消費地域です。市内には300店舗以上の餃子店があり、全国で高いシェアを誇る餃子製造機械メーカーもあります。また「浜松餃子学会」が毎年「浜松餃子マップ」を発行し、餃子文化を盛り上げています。

浜松餃子の特徴は、グルリと円形に並べて焼き上げ、真ん中に茹でもやしを添えたスタイルです。フライパンでできるだけたくさん餃子を焼くために広まった焼き方で、茹でもやしには箸休めの意味合いがあります。地元特産のキャベツと玉ねぎをたっぷりと使い、豚肉でコクを追加。浜松餃子の定義は「市内で作られたこと」となっており、地元産の素材へのこだわりが伺えます。

そのほかに、一口サイズが特徴の「博多餃子」や、味噌ベースのタレが特徴の「神戸餃子」、ビッグな揚げ餃子で有名な「津餃子」など、地域の特色を生かした餃子がたくさんあります。

餃子消費量が多い地域はどこ?

餃子消費量が多い地域・宮崎

宇都宮や浜松は餃子の消費地域として全国的に知られています。しかし、総務省統計局が発表した家計調査によると、2020年及び2021年前半の「餃子購入額」および「餃子購入頻度」で全国1位になったのは、宮崎です。これまでも餃子購入頻度で日本一になったことはあるものの、両カテゴリともに日本一となるのは初めてです。

2020年及び2021年前半の餃子購入額と餃子購入頻度の詳しいデータは次のようになっています。

餃子購入額ランキング(2020年前半)
  • 1位:宮崎市:1917円
  • 2位:宇都宮市:1886円
  • 3位:京都市:1635円
餃子支出金額ランキング(2021年前半)
  • 1位:宮崎市:2150円
  • 2位:浜松市:1758円
  • 3位:千葉市:1695円
餃子購入頻度(100世帯当たり)ランキング(2020年前半)
  • 1位:宮崎市:472回
  • 2位:松江市:434回
  • 3位:大津市:423回
餃子購入頻度(100世帯当たり)ランキング(2021年前半)
  • 1位:宮崎市:560回
  • 2位:大津市:439回
  • 3位:大阪市:416回

宮崎はもともと餃子を愛する地域ではありました。これを機会に、全国的に宮崎餃子を広めようと、宮崎の中でも餃子の街として知られる高鍋町の有志による「高鍋ぎょうざ協議会」を2019年11月に発足。翌年2020年9月には「宮崎市ぎょうざ協議会」が発足しました。餃子を新たな観光資源と捉えて、宮崎餃子のおいしさを伝えようと、両協議会で協力しながら、毎月3日を「餃子の日」に設定したり、餃子に関連するイベントを企画したりしています。

餃子の餡として多く使われるキャベツ。宮崎のキャベツ生産量を見てみると、高鍋町がトップです。柔らかく甘味のあるキャベツは全国的にも高評価を得ています。さらに、豚の飼育頭数も宮崎は全国トップクラス。「宮崎ブランドポーク」も確立されており、餃子にコクを添える重要な役割を担っています。

餃子の馬渡の本社工場は、キャベツの生産地で知られる高鍋町にあります。夏季以外は、車で10分程度の近さにある契約農家から毎日新鮮なキャベツを入手できるのが強みです。なるべく農薬を使わないよう育てられたキャベツにこだわり、安全性にも配慮しています。餃子を口に入れるとキャベツ特有の甘味が広がり、豚肉の脂やニンニク、醬油ベースのタレとの相性も抜群です。

お取り寄せ餃子は何を基準に選ぶべき?

新しく餃子の聖地として名乗りを上げた宮崎。ここでは、宮崎が餃子購入額ランキング1位になった理由を探っていきます。

お取り寄せ餃子は自宅にいながら、地方の味が堪能できるので便利です。手軽に専門店の餃子を食べたい方のために、お取り寄せ餃子の選び方を解説します。

1位になった理由

浮かぶ疑問符

2020年前半の餃子購入額ランキングで宮崎市が1位になったのは、もともと餃子のお持ち帰り文化が強かったことに加え、コロナ禍により自宅に餃子を持ち帰って食べることが増えたことが要因と考えられています。

宮崎の餃子購入金額の月別推移を見てみると、4月・5月の購入額が急増して他市をリードしたことが2020年及び2021年前半の日本一につながっているからです。4月、宮崎県は緊急事態宣言の対象とはなっていません。しかし、首都圏をはじめ九州圏内の福岡県が対象となっており、小中学校の臨時休業も決定した頃です。「おうち時間」が増えてきた時期にあたります。

また、同時期にメディアでお取り寄せ餃子が取り上げられ、宮崎のお店が紹介されたことも引き金になっているのではないかとも考えられています。さらに、延岡市や高鍋町にある餃子専門店が宮崎市内に進出したことで餃子がより身近な存在になり、売り上げに結び付いたのではないか、という分析もあります。

宮崎餃子にはほかの地域の餃子のように、目玉となる特徴があるわけではありません。皮の厚さは薄いものから厚いものまで店によって異なり、餡の具材もキャベツ、白菜、地鶏などそれぞれこだわりの素材を使用しています。宮崎の食材のおいしさは全国的にも定評があり、餃子の素材が充実しています。

選ぶ際のポイントとは?

通販でお取り寄せ餃子を選ぶ際のポイントについて

通販でお取り寄せ餃子を選ぶ際は次のようなポイントに注目しましょう。

餃子で有名な地域で選ぶ

全国にはご当地餃子で有名な地域が数多くあります。名高い餃子がどんなものか、自分自身で味わってみるとよいでしょう。宇都宮餃子、浜松餃子をはじめ、博多餃子や神戸餃子、宮崎餃子など、お取り寄せでちょっとした旅行気分も味わえます。

餃子の有名店から選ぶ

餃子で有名な中華料理店や餃子専門店の味をお取り寄せするのもおすすめです。餃子発祥の地といわれる本場・中国仕込みの本格的な餃子や、長年続く老舗の伝統的な餃子などを自宅で手軽に味わえるのがポイントです。

餡の特徴が好みに合っているか

餃子の餡の素材を確認しましょう。翌日の臭いが気になる方はニンニクの有無も要チェックです。メインの野菜は白菜かキャベツかで食感や風味が異なります。エビやチーズを使ったもの、唐辛子で辛みを添えたものなどもあり、バリエーションが豊富です。

皮の食感に注目

餃子の皮には薄めでパリパリ食感のものや、もっちりとした食べ応えのあるものがあるので、好きな食感を選びましょう。一般的には、薄めの皮は焼き餃子や揚げ餃子がおすすめです。厚めの皮は焼き餃子のほか、水餃子や蒸し餃子に向いています。

冷蔵or冷凍、保存方法をチェック

お取り寄せ餃子には、冷蔵と冷凍の2種類があります。冷蔵タイプの餃子は野菜のシャキシャキ感が損なわれないのがメリットで、届いてすぐに食べる方にはおすすめです。食べる日が決まっていない方や、買い置きしていつでも食べたい方、贈答品として贈ろうと考えている方には冷凍餃子がおすすめです。

通販でお取り寄せするなら餃子の町・宮崎にある「餃子の馬渡」の商品に決まり!

緑豊かな土地と暖かい気候に恵まれた宮崎ならではの新鮮野菜や脂の乗った肉など、素材のおいしさが光ります。

餃子の馬渡は、地元名産のキャベツを使用し、もっちり皮が特徴の餃子を販売しています。付属の自家製ラードで焼き上げると香ばしく焼き上がります。ぜひ一度、ご賞味ください。

通販で餃子をお取り寄せするなら!餃子の町、宮崎で支持される「餃子の馬渡」

会社名 株式会社餃子の馬渡
店舗名 餃子の馬渡
本社/製造工場住所 〒884-0001 宮崎県児湯郡高鍋町589
本社/製造工場TEL 0983-35-4441
本社/製造工場FAX 0983-35-4442
URL https://mawatari.net/
本社/製造工場営業時間 9:00~17:00
本社/製造工場定休日 日曜日・火曜日
餃子の町・宮崎から絶品餃子をお届け!ご当地餃子の特徴とは?

それぞれ個性が異なるご当地餃子。現地に行かなくても、手軽に通販でお取り寄せして楽しめます。

宮崎市は2020年及び2021年前半で餃子購入額が全国1位になるほど、餃子消費量の多い地域です。そんな餃子の町、宮崎で支持される「餃子の馬渡」の餃子はもっちりとした皮が特徴です。ぜひ通販でお取り寄せしてみてください。今回はご当地餃子の特徴と、宮崎で餃子が人気の理由、お取り寄せ餃子を選ぶときのポイントについて解説します。

通販でもおなじみのご当地餃子をご紹介!

ご当地餃子があることをご存知でしょうか?現地に行かなくても通販を利用すればご家庭で楽しめるので、たまにはお取り寄せをしてみてはいかがでしょうか。

こちらでは、宇都宮と浜松を中心にご当地餃子の特徴を解説します。さらに、餃子購入額、購入頻度ともに全国1位になった宮崎に注目し、宮崎の餃子事情についてご紹介いたします。

地域別の特徴

調理前の餃子が並ぶ様子

数あるご当地餃子の中でも、有名な「宇都宮餃子」と「浜松餃子」について、それぞれの特徴を見ていきましょう。

宇都宮餃子は、1993年に市内の餃子専門店など38店舗が加盟した「宇都宮餃子会」の発足をきっかけに全国的に広まりました。もともと餃子の消費量が国内トップレベルであったことから、官民をあげてPRした結果です。現在では圧倒的な餃子ブランドとして知られています。

宇都宮餃子の特徴は、野菜比率が高めだということに加え、ニンニクを使用していない店も多く、あっさりとした味付けである点です。胃もたれせずに食べやすく、現地の食べ歩きにも適しています。

浜松餃子も、宇都宮餃子と並ぶトップブランド。「東の宇都宮、西の浜松」といわれる餃子の2大消費地域です。市内には300店舗以上の餃子店があり、全国で高いシェアを誇る餃子製造機械メーカーもあります。また「浜松餃子学会」が毎年「浜松餃子マップ」を発行し、餃子文化を盛り上げています。

浜松餃子の特徴は、グルリと円形に並べて焼き上げ、真ん中に茹でもやしを添えたスタイルです。フライパンでできるだけたくさん餃子を焼くために広まった焼き方で、茹でもやしには箸休めの意味合いがあります。地元特産のキャベツと玉ねぎをたっぷりと使い、豚肉でコクを追加。浜松餃子の定義は「市内で作られたこと」となっており、地元産の素材へのこだわりが伺えます。

そのほかに、一口サイズが特徴の「博多餃子」や、味噌ベースのタレが特徴の「神戸餃子」、ビッグな揚げ餃子で有名な「津餃子」など、地域の特色を生かした餃子がたくさんあります。

餃子消費量が多い地域はどこ?

餃子消費量が多い地域・宮崎

宇都宮や浜松は餃子の消費地域として全国的に知られています。しかし、総務省統計局が発表した家計調査によると、2020年及び2021年前半の「餃子購入額」および「餃子購入頻度」で全国1位になったのは、宮崎です。これまでも餃子購入頻度で日本一になったことはあるものの、両カテゴリともに日本一となるのは初めてです。

2020年及び2021年前半の餃子購入額と餃子購入頻度の詳しいデータは次のようになっています。

餃子購入額ランキング(2020年前半)
  • 1位:宮崎市:1917円
  • 2位:宇都宮市:1886円
  • 3位:京都市:1635円
餃子支出金額ランキング(2021年前半)
  • 1位:宮崎市:2150円
  • 2位:浜松市:1758円
  • 3位:千葉市:1695円
餃子購入頻度(100世帯当たり)ランキング(2020年前半)
  • 1位:宮崎市:472回
  • 2位:松江市:434回
  • 3位:大津市:423回
餃子購入頻度(100世帯当たり)ランキング(2021年前半)
  • 1位:宮崎市:560回
  • 2位:大津市:439回
  • 3位:大阪市:416回

宮崎はもともと餃子を愛する地域ではありました。これを機会に、全国的に宮崎餃子を広めようと、宮崎の中でも餃子の街として知られる高鍋町の有志による「高鍋ぎょうざ協議会」を2019年11月に発足。翌年2020年9月には「宮崎市ぎょうざ協議会」が発足しました。餃子を新たな観光資源と捉えて、宮崎餃子のおいしさを伝えようと、両協議会で協力しながら、毎月3日を「餃子の日」に設定したり、餃子に関連するイベントを企画したりしています。

餃子の餡として多く使われるキャベツ。宮崎のキャベツ生産量を見てみると、高鍋町がトップです。柔らかく甘味のあるキャベツは全国的にも高評価を得ています。さらに、豚の飼育頭数も宮崎は全国トップクラス。「宮崎ブランドポーク」も確立されており、餃子にコクを添える重要な役割を担っています。

餃子の馬渡の本社工場は、キャベツの生産地で知られる高鍋町にあります。夏季以外は、車で10分程度の近さにある契約農家から毎日新鮮なキャベツを入手できるのが強みです。なるべく農薬を使わないよう育てられたキャベツにこだわり、安全性にも配慮しています。餃子を口に入れるとキャベツ特有の甘味が広がり、豚肉の脂やニンニク、醬油ベースのタレとの相性も抜群です。

お取り寄せ餃子は何を基準に選ぶべき?

新しく餃子の聖地として名乗りを上げた宮崎。ここでは、宮崎が餃子購入額ランキング1位になった理由を探っていきます。

お取り寄せ餃子は自宅にいながら、地方の味が堪能できるので便利です。手軽に専門店の餃子を食べたい方のために、お取り寄せ餃子の選び方を解説します。

1位になった理由

浮かぶ疑問符

2020年前半の餃子購入額ランキングで宮崎市が1位になったのは、もともと餃子のお持ち帰り文化が強かったことに加え、コロナ禍により自宅に餃子を持ち帰って食べることが増えたことが要因と考えられています。

宮崎の餃子購入金額の月別推移を見てみると、4月・5月の購入額が急増して他市をリードしたことが2020年及び2021年前半の日本一につながっているからです。4月、宮崎県は緊急事態宣言の対象とはなっていません。しかし、首都圏をはじめ九州圏内の福岡県が対象となっており、小中学校の臨時休業も決定した頃です。「おうち時間」が増えてきた時期にあたります。

また、同時期にメディアでお取り寄せ餃子が取り上げられ、宮崎のお店が紹介されたことも引き金になっているのではないかとも考えられています。さらに、延岡市や高鍋町にある餃子専門店が宮崎市内に進出したことで餃子がより身近な存在になり、売り上げに結び付いたのではないか、という分析もあります。

宮崎餃子にはほかの地域の餃子のように、目玉となる特徴があるわけではありません。皮の厚さは薄いものから厚いものまで店によって異なり、餡の具材もキャベツ、白菜、地鶏などそれぞれこだわりの素材を使用しています。宮崎の食材のおいしさは全国的にも定評があり、餃子の素材が充実しています。

選ぶ際のポイントとは?

通販でお取り寄せ餃子を選ぶ際のポイントについて

通販でお取り寄せ餃子を選ぶ際は次のようなポイントに注目しましょう。

餃子で有名な地域で選ぶ

全国にはご当地餃子で有名な地域が数多くあります。名高い餃子がどんなものか、自分自身で味わってみるとよいでしょう。宇都宮餃子、浜松餃子をはじめ、博多餃子や神戸餃子、宮崎餃子など、お取り寄せでちょっとした旅行気分も味わえます。

餃子の有名店から選ぶ

餃子で有名な中華料理店や餃子専門店の味をお取り寄せするのもおすすめです。餃子発祥の地といわれる本場・中国仕込みの本格的な餃子や、長年続く老舗の伝統的な餃子などを自宅で手軽に味わえるのがポイントです。

餡の特徴が好みに合っているか

餃子の餡の素材を確認しましょう。翌日の臭いが気になる方はニンニクの有無も要チェックです。メインの野菜は白菜かキャベツかで食感や風味が異なります。エビやチーズを使ったもの、唐辛子で辛みを添えたものなどもあり、バリエーションが豊富です。

皮の食感に注目

餃子の皮には薄めでパリパリ食感のものや、もっちりとした食べ応えのあるものがあるので、好きな食感を選びましょう。一般的には、薄めの皮は焼き餃子や揚げ餃子がおすすめです。厚めの皮は焼き餃子のほか、水餃子や蒸し餃子に向いています。

冷蔵or冷凍、保存方法をチェック

お取り寄せ餃子には、冷蔵と冷凍の2種類があります。冷蔵タイプの餃子は野菜のシャキシャキ感が損なわれないのがメリットで、届いてすぐに食べる方にはおすすめです。食べる日が決まっていない方や、買い置きしていつでも食べたい方、贈答品として贈ろうと考えている方には冷凍餃子がおすすめです。

通販でお取り寄せするなら餃子の町・宮崎にある「餃子の馬渡」の商品に決まり!

緑豊かな土地と暖かい気候に恵まれた宮崎ならではの新鮮野菜や脂の乗った肉など、素材のおいしさが光ります。

餃子の馬渡は、地元名産のキャベツを使用し、もっちり皮が特徴の餃子を販売しています。付属の自家製ラードで焼き上げると香ばしく焼き上がります。ぜひ一度、ご賞味ください。

通販で餃子をお取り寄せするなら!餃子の町、宮崎で支持される「餃子の馬渡」

会社名 株式会社餃子の馬渡
店舗名 餃子の馬渡
本社/製造工場住所 〒884-0001 宮崎県児湯郡高鍋町589
本社/製造工場TEL 0983-35-4441
本社/製造工場FAX 0983-35-4442
URL https://mawatari.net/
本社/製造工場営業時間 9:00~17:00
本社/製造工場定休日 日曜日・火曜日
PAGE TOP